HOME SCOPの特徴 No.10 / お客様が満足したオフィスとは。

 

new共感バナーページtop

 

社長様、オフィス移転プロジェクトの責任者の方、10分間、手を止めてみて本気で考えみてはいかがでしょうか?会社にとってオフィス空間への投資は人材投資の次に大切な投資です。その為、安いだけの価格や奇抜なデザインで決めては後々後悔します。このメッセージを読んで頂き本気で考えるきっかけになれば幸いです。

 

アセット 3

 

オフィス空間をつくる際、デザイン・レイアウト資料、見積書、スケジュール等、これらを考慮し最終的な決断をされると思います。SCOPからの提出資料も同様です。しかし、デザイン・レイアウト、家具資料、見積書をつくる過程と考え方が他社とは異なっているのです。その内容を詳しく説明させて頂きます。

 

デザインタイトル

 

レイアウトイメージ

 

デザイン・レイアウトを決めるポイントは2つです。

 

1つ目は、複数パターンを比較検討すること。
SCOPではデザイン・レイアウトは1パターンではなく複数のパターンを提案します。私どもはこれを「SCOP内コンペ」と呼んでいます。お客様と共に複数のパターンを比較検討することでお客様の本当のニーズ、潜在的ニーズ、気づいていなかった問題などを見つけることができます。比較し検討する、これは非常に大切な作業だと考えます。

 

2つ目は、少し時間を置くこと。
オフィス移転を決めたその日から描いた希望をプランに落とし込み検討する。少し時間を置いてまた検討する。この作業を繰り返しそれでも色褪せないプランが理想的なプランです。これらを踏まえて決定したレイアウトに後悔がない事が一番大切だと考えています。

 

価格タイトル

 

価格イメージ

 

SCOPはこれまで約1000件の内装実績があるのですが100%に近い確率で1回の提案で決まったものはなく、必ず2〜4回の打ち合わせを重ねてデザイン・レイアウトと予算が決まっています。

打合せを重ねても見積書の増減が把握できるよう内容を細かく出すように心がけています。
具体的には「工事、家具、デザイン設計、現場管理費等、会社経費」などを明記しています。
見積もり内容を細かく明記しているので2回目以降の打ち合わせは詳細を見ながら予算増減を検討し進めていきますので、お客様の要望が大きく変わらない限り予算を大幅に超える事はございません。
その結果、お客様のやりたい事に対して納得した予算でオフィス空間ができあがります。打合せを重ねるという観点からも、お客様のご予算の観点からも見積もり内容を細かくすることはお客様にとってメリットが大きいと考えています。

 

CGタイトル

 

CGイメージ

 

「イメージがわかない」「想像できない」
不動産屋さんからもらった平面図の資料にレイアウトされた図面と家具写真。多くの会社はこの資料に見積書がついて提案されると思います。

SCOPはこれだけではお客様がまだ見ぬ空間をイメージし決断するには足りないと考えています。出来上がるオフィスは3次元ですので私どもは平面図に加え3DCGパースも準備しご提案させて頂きます。

お客様からは出来上がる空間イメージがつきやすいと大変好評を頂いております。

 
 

以上のことから、お客様の大切な時間を損なう数社のコンペはせずとも、お客様が本当に満足するオフィス空間ができるのです。

 

アセット 4

 

SCOPにオフィスデザインを依頼した場合のお客様の主なメリット。
・複数のデザイン・レイアウトプランの中から本当に求めているプランを選べます。
・見積詳細にもとづいて仕様を決めますので大幅な予算オーバーにはなりません。
・空間イメージが伝わるようCGパースなどを駆使して提案しますので吟味して決定する事ができます。

 
 

お問い合わせ_new