• TOPICS
  • NEWS
  • コロナと共存の時代 求められるオフィスは?

コロナと共存の時代 求められるオフィスは?

コロナ渦の未曾有の経験を経て、私たちの生活様式と同様、オフィスもまたこれまでの価値観に基づいた同様の役割は求められなくなります。

これまでは会社の成長とともに増える社員数に合わせて増床し、それに比例して交通費や家賃も増えていました。しかしリモートワークが新常識として定着した現在、オフィス稼働率が下がり、床面積を縮小することでコストを抑えながら増員し収益を上げることも可能になりました。

しかしいくらリモートワークが普及し環境が整った自宅で働けるようになっても、たった一人でこれまで通りのパフォーマンスとモチベーションを保ち続けることは容易なことではありません。リモートワークの利点と可能性を最大限に活かしながら仕事をするためには、働く場所の選択肢があること、更にオフィスが働き方の変化に対応していることは必要不可欠なのです。

「仕事をするためだけの場所」以外のオフィスの大切な役割として、人とのつながりやモチベーション維持、帰属意識といった精神的な面と、オフラインで人が集まることによってのみ生まれるアイデアや創造性などが挙げられるのではないでしょうか。


・打ち合わせや面接ができるスペース

…社外のお客様が来た際に使用できる個室


・会議室、打ち合わせ室に設置するモニター

…テレビ会議ができる環境を初めから完備する。

・作業スペースのためのフリーアドレスのデスク

…テレワークと出勤型の両立ができるように個人の持ち物はロッカーに保管。

・執務スペース+αで軽い作業や休憩ができる可変的なスペース

…日常の作業とは別にオフィスに出社する動機となる空間

…窓際のカウンターエリア

…ベランダ(テラス)にソファやビストロテーブル

このように、これからのオフィスは、
人と人の交流と創造を深めたり、上司と部下で向き合い目標やゴールを検討するための場など、人が集まる意味が明確な場所になると思います。ただ働くといった様な、無機質で事務的な空間は求められません。
作ったら終わりではなく、定期的に見直し、社員の働き方と、経営者の考えを合致させたものが最高のオフィスだと考えています。
オフィスは今後、社外からの見え方や様々なシチュエーションによって選べるスペースがあることが重視され、このような付加価値のあるオフィス、且つテレワークとの両立やオンラインで商談できる空間であることが「after/with コロナの時代」にさらに求められるのです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
少しはオフィスの在り方や存在意義を感じていただければ、幸いです。
SCOPは新常態でのオフィスを考えるために、お客様それぞれの働き方から考え、ご提案します。是非お気軽にご相談ください!