ブログをご覧頂きありがとうございます。庄司です。


「はつる」と聞いて、何の事かピンときますでしょうか。

漢字で「斫る」と書き、建築現場ではコンクリートを削り取ったり、形を整えたりする場合に使われます。
なかなか自分自身で行うDIYでコンクリートを削ることは難しいですよね。

今回は既存の床タイルを「はつりとる」過程のご紹介です。
まずはトイレ本体を外します。

トイレ本体を外すとなんだか間がぬけた印象です。
トイレ下の穴は下水へと繋がっています。

タイルを全てはつり取った後です。
簡単に言うと細かく砕いて剥がしていく為、現場を汚さない様に周囲の養生も行います。

床材を綺麗に貼れる様に凹凸を無くし、水平にしていきます。

さらに細かい凹凸を無くす為にパテで仕上げていきます。

凹凸が無くなったら床に接着剤を付け、床材を貼っていきます。

職人さんがぴったり入る様に微調整して床材を貼っていきます。

最後に新しいトイレを取り付け、掃除を行い工事完了です。

建築に関する工事では、現場で使われる用語がたくさんあります。
私も日々勉強です!

部分的な改修工事から店舗やオフィス全体のご提案まで、
幅広くご対応することができますので、まずはお気軽にお声がけください。

CONTACTからお問い合わせ・ご相談お待ちしております!